お知らせ

いつまでも「謎の症状」のままにしておけない

昨今、インターネットの普及などにより「イップス」という言葉が急速に広まりました。

「言葉自体聞いたこともない」という方は、非常に少なくなったような印象を受けます。

しかし、「イップス」という言葉を聞いたことがあっても、その症状や原因などは正しく理解されていないことが多く、また未だにわかっていないことが多いのが現状です。

​イップスってどんな症状なの?

イップスは、「自動化した動作の遂行障害である」と定義されています。

「自動化した動作」とは、「何も考えずに行える動作」のようなものだと言い換えることもできます。

「遂行障害」とは、「できなくなること」と言い換えることができます。

つまり、イップスとは「何も考えずに出来ていた動作が行えなくなること」です。

具体的には、 

   ・野球などの送球の場面で、ボールを地面に叩きつけたり、大きく上に浮いてしまう

   ・テニス、ゴルフなどで体が固まったような動かしづらさを感じ、ショットが不安定になる

などが主に見られますが、上に挙げた競技以外にも、また楽器演奏や日常生活などでもイップスに近い

症状が見られることがあります。

​イップスってなぜ起こるの?

イップスになってしまう原因は

「過剰な運動調節をしてしまうこと」

が、主な原因であると考えることができます。

極度に緊張した場面などで、

「できて当然」

「失敗するわけにはいかない」

と考えることで、それまで当たり前に行えていた動作に、過剰な運動調節を加えてしまうことで、症状が現れてしまうことがあると考えられます。

 

選手や指導者の方にイップスになる原因を質問すると、頻繁に

「メンタルが弱いことが原因」「結局は練習が足りない」

 

という答えが返ってきます。

イップスに対するこのようなイメージがイップスの症状を悪化、慢性化させる原因の一つとも考えられるのです。

一度のカウンセリングで

  改善が見られることもあるほど

   イップスは「理解」が重要です。

​イップスラボジャパン

イップス研究と改善サポート

​YIPS LAB.Japan

科学の力で緊張・不安から動作を守る